正味財産増減計算書
平成27年4月1日から平成28年3月末日まで
(単位:円)
科    目 当 年 度 前 年 度 増  減
T 一般正味財産増減の部
  1.経常増減の部
   (1)経常収益
  特定資産運用益 0 53,341 △ 53,341
   会費収入 6,965,000 6,940,000 25,000
   積立金運用益 0 6,098 △ 6,098
  事業収入 37,908,460 45,351,840 △ 7,443,380
  受託事業収入 37,001,260 44,482,440 △ 7,481,180
  斡旋事業収入 907,200 869,400 37,800
  雑収入 310,898 233,585 77,313
   経常収益計 45,184,358 52,584,864 △ 7,400,506
   (2)経常費用 0
  事業費 46,647,516 47,170,480 △ 522,964
  管理費 10,587,573 11,649,186 △ 1,061,613
   経常費用計 57,235,089 58,819,666 △ 1,584,577
   当期経常増減額 △ 12,050,731 △ 6,234,802 △ 5,815,929
2.経常外増減の部
   (1)経常外収益
    経常外収益計 0 0 0
   (2) 経常外費用
   経常外費用計 0 0 0
   当期経常外増減額 0 0 0
     税引前当期一般正味財産増減額 △ 12,050,731 △ 6,234,802 △ 5,815,929
    法人税、住民税及び事業税 70,000 70,000 0
   当期一般正味財産増減額 △ 12,120,731 △ 6,304,802 △ 5,815,929
   一般正味財産期首残高 113,176,110 119,480,912 △ 6,304,802
   一般正味財産期末残高 101,055,379 113,176,110 △ 12,120,731
U指定正味財産増減の部
   当期指定正味財産増減額 0 0 0
   指定正味財産期首残高 0 0 0
   指定正味財産期末残高 0 0 0
V正味財産期末残高 101,055,379 113,176,110 △ 12,120,731


正味財産増減計算書内訳表
平成27年4月1日から平成28年3月末日まで
(単位:円)
科 目 実施事業等会計 その他会計 法人会計 合計
継続1 継続2 小計 その他 小計
T 一般正味財産増減の部
 1.経常増減の部
(1)経常収益
  特定資産運用益 0 0 0 0 0 0 0
  会費収入 0 0 0 0 0 6,965,000 6,965,000
   事業収益 0 0 0 37,908,460 37,908,460 0 37,908,460
   受託事業収入 0 0 0 37,001,260 37,001,260 0 37,001,260
   斡旋事業収入 0 0 0 907,200 907,200 0 907,200
雑収益 0 62,200 62,200 0 0 248,698 310,898
経常収益計 0 62,200 62,200 37,908,460 37,908,460 7,213,698 45,184,358
(2)経常費用
事業費 10,830,201 8,339,985 19,170,186 27,477,330 27,477,330 46,647,516
役員報酬 1,360,680 1,017,120 2,377,800 858,900 858,900 3,236,700
給料手当 4,004,000 4,003,878 8,007,878 16,585,044 16,585,044 24,592,922
賃金 0 50,000 50,000 50,000
法定福利費 692,980 692,980 1,385,960 2,591,033 2,591,033 3,976,993
福利厚生費 258,180 258,181 516,361 566,223 566,223 1,082,584
旅費交通費 55,350 651,912 707,262 193,718 193,718 900,980
通信運搬費 48,218 24,109 72,327 81,085 81,085 153,412
減価償却費 268,700 268,700 537,400 1,447,995 1,447,995 1,985,395
消耗什器備品費 0 0 0 0 0 0
消耗品費 214,008 254,840 468,848 370,047 370,047 838,895
修繕費 16,710 16,720 33,430 100,290 100,290 133,720
印刷製本費 3,103,590 167,400 3,270,990 0 0 3,270,990
燃料費 37,450 37,450 74,900 149,778 149,778 224,678
光熱水費 40,170 40,177 80,347 160,695 160,695 241,042
賃借料 122,040 122,030 244,070 366,102 366,102 610,172
保険料 32,308 32,308 64,616 32,308 32,308 96,924
諸謝金 25,900 51,880 77,780 0 0 77,780
租税公課 373,800 373,800 747,600 2,616,600 2,616,600 3,364,200
委託料 0 0 0 494,640 494,640 494,640
斡旋事業費 0 0 0 787,212 787,212 787,212
支払負担金 128,800 126,500 255,300 0 0 255,300
雑費 47,317 200,000 247,317 25,660 25,660 272,977
管理費 10,587,573 10,587,573
役員報酬 1,057,800 1,057,800
給料手当 2,700,190 2,700,190
法定福利費 826,561 826,561
退職給付費用 1,371 1,371
福利厚生費 485,672 485,672
会議費 333,330 333,330
旅費交通費 496,970 496,970
通信運搬費 81,084 81,084
減価償却費 1,455,303 1,455,303
消耗什器備品費 89,078 89,078
消耗品費 278,751 278,751
修繕費 0 0
印刷製本費 25,920 25,920
燃料費 45,125 45,125
光熱水費 80,350 80,350
警備保障費 200,880 200,880
賃借料 610,170 610,170
保険料 64,616 64,616
交際費 62,502 62,502
手数料 26,328 26,328
租税公課 373,800 373,800
負担金 794,200 794,200
寄付金 0 0
雑費 497,572 497,572
経常費用計 10,830,201 8,339,985 19,170,186 27,477,330 27,477,330 10,587,573 57,235,089
  当期経常増減額 △ 10,830,201 △ 8,277,785 △ 19,107,986 10,431,130 10,431,130 △ 3,373,875 △ 12,050,731
 2.経常外増減の部 0
(1)経常外収益 0
  当期経常外増減額 0 0 0 0 0 0 0
  他会計振替額 0 0 0
 当期一般正味財産増減額 △ 10,830,201 △ 8,277,785 △ 19,107,986 10,361,130 10,361,130 △ 3,373,875 △ 12,120,731
 一般正味財産期首残高 402,771 546,739 949,510 63,927,465 63,927,465 48,299,135 113,176,110
 一般正味財産期末残高 △ 10,427,430 △ 7,731,046 △ 18,158,476 74,288,595 74,288,595 44,925,260 101,055,379
U 指定正味財産増減の部 0
 指定正味財産期末残高 0 0 0 0 0 0 0
V 正味財産期末残高 △ 10,427,430 △ 7,731,046 △ 18,158,476 74,288,595 74,288,595 44,925,260 101,055,379


 


財務諸表に対する注記

1.重要な会計方針

(1)資産の評価基準及び評価方法
  
    有価証券・・・ 移動平均法による原価法による。

(2)固定資産の減価償却の方法
  

    建物及び什器備品・・・ 定額法によっている。

(3)引当金の計上基準
    

    退職給付引当金・・・・ 職員の退職給付に備えるため、要支給額に相当する金額を計上している。
 
    賞与引当金・・・・・・・・ 職員に対する賞与の支給に備えるため、支給見込み額のうち当期に帰属する額を計上している。

(4)リース取引の処理方法

    通常の賃貸借取引による方法に準じた会計処理によるファイナンス・リース取引を行っている。

(5)消費税等の会計処理

    税込み方式によっている。


2.特定資産の増減額及びその残高

    特定資産の増減額及びその残高は次のとおりである。

単位:円
科    目 前期末残高 当期増加額 当期減少額 当期末残高
特定資産 退職給付引当資産 17,854,151 1,371 1,272,350 16,583,172
特定資産 修繕費用積立資産 4,336,030 920 0 4,336,950
特定資産 運営資金積立資産 10,700,333 182 1,000,000 9,700,515
特定資産 事務所管理積立資産 401,229 0 0 401,229
特定資産 公益目的事業積立資産 10,000,000 96 5,200,000 4,800,096
合    計 43,291,743 2,569 7,472,350 35,821,962
    

3.特定資産の財源等の内訳

    特定資産の財源等の内訳は次のとおりである。

   
単位:円
科    目 当期末残高 (うち指定正味財産
からの充当額)
(うち一般正味財産
からの充当額)
(うち負債に対応
する額)
特定資産 退職給付引当資産 16,583,172 ―― (16,583,172) (16,583,172)
特定資産 修繕費用積立資産 4,336,950 ―― (4,336,950) ――
特定資産 運営資金積立資産 9,700,515 ―― (9,700,515) ――
特定資産 事務所管理積立資産 401,229 ―― (401,229) ――
特定資産 公益目的事業積立資産 4,800,096 ―― (4,800,096) ――
合    計 35,821,962 ―― (35,821,962) (16,583,172)
               

4.固定資産の取得価額、減価償却累計額及び当期末残高

    固定資産の取得価額、減価償却累計額及び当期末残高は次のとおりである。

   
単位:円
  取得価額 減価償却累計額 当期末残高
建     物 38,500,000 8,716,482 29,783,518
車両運搬具 3,641,160 2,145,720 1,495,440
什 器 備 品 7,446,700 5,230,618 2,216,082
土     地 34,500,000 0 34,500,000
合     計 84,087,860 16,092,820 67,995,040